薪伝実験劇団

 

薪伝実験劇団(しんでんじっけんげきだん)は、演出家のワン・チョン(王翀)を中心に2008に結成された、北京の実験的な劇団。マルチメディアパフォーマンスやドキュメンタリー演劇の上演に加え、主宰のワン・チョンは欧米の先駆的な戯曲や演劇書、劇評の翻訳も手がけるなど、その存在はまさに中国実験演劇の牽引者と呼ぶことができる。

 

 

現在までに25作品を上演しており、中国、香港、台湾、韓国、日本、シンガポール、イズラエル、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、オランダ、ノルウェー、オーストラリアなど各国で巡回公演を行い、中国とアメリカのマスコミと学術界にも注目された。『e-Station』はモンローリエ国際演劇節大賞にノミネートされている。中国でもっとも活躍な芸術団体の一つである。

 

 

2013年12月、『地雷戦 2.0』はFestival/Tokyoアワードを受賞した。

《群鬼2.0》
《群鬼2.0》
《地雷战2.0》
《地雷战2.0》
王翀戏剧新浪潮宣传册
王翀戏剧新浪潮宣传册